discography

 

 

 

 

 

全国流通盤、全曲A面・1st.EP

【そして、世界は嘲笑った】

2016年4/20(水)リリース

 

 

「最低最悪の明日が来ても、今僕らは明日を探し続けてる

 

初の音源にして初の全国盤であった1st.ALBUM

[そんな当たり前が僕らを照らしてる、儚くも無情なほどに。]

リリースから約1年8ヶ月 

新しい扉を開くため

不器用にも明日を追い求めてきたココロ、ハレル

そして沈黙を破り息が吹き込まれた渾身の一作

ここからココロ、ハレルそしてあなたの明日への今が始まる

 

 

 

[そして、世界は嘲笑った]

1・そして、世界は嘲笑った~海~

2・光を探してる

3・君のそばに明日を

4・そして、世界は嘲笑った~風~

5・南風、吹く頃に

6・はじまり

 

2016.4.20(wed)on sale! ¥1080(tax in)  品番 HART-1002

発売元:Harelu-Arts・販売元:ラッツパックレコード

JAN:4524505327357

 

 

TOWER RECORDS ONLINE

TSUTAYA ONLINE

HMV ONLINE

Amazon

 
 
初の全国盤
『そんな当たり前が僕らを照らしてる、儚くも無情なほどに。』
 2014年8月20日にリリース
「僕らは、いつかの死のために今前向きに生きている。」
 ありのままに絶望も希望も歌った
そんな今を駆け抜ける等身大が詰まった作品が完成
 
 
『そんな当たり前が僕らを照らしてる、儚くも無情なほどに。』
1・そんな当たり前が僕らを照らしてる、儚くも無情なほどに。〜雑踏〜
2・9の中の11は最も残酷で儚く尊いアイである
3・babble
4・ハナノホコロビ
5・その先へ
6・モノクロの虹
7・そんな当たり前が僕らを照らしてる、儚くも無情なほどに。〜雨〜
8・アメアガル
9・今日も君は生きている
10・日向にて
2014.8.20(wed)on sale!   ¥1620(tax in)  品番 CSM-2689
オンライン購入はこちらから
埼玉モルタルレコードでも販売中。
 
disc reviewも以下の尊敬する方々から頂いております。
disc review
 
人間とは何か。生きるとは何か。死ぬとは何か。
そんな事を考えさせられるバンド。
人間は傷つけ、傷を付けられ、
何かを失い、人生を諦めそうになっても
それでも人間は生きていく。
決して日向には咲かない音楽かもしれない。
ポップでキャッチーではないかもしれない。
現代の音楽にはそぐわないのかもしれない。
それでも、この人たちの音楽は確かに
ここに存在し、最高傑作とも呼べる作品に仕上がっている。
これを読んでいるあなたに日向には咲かない音楽を
見つけてほしいのです。
盛り上がるだけが音楽ではないのだ。
歌詞にここまで考えさせられるバンドも少ない。
だからこそ何度も聴いてしまう。
目の前にある音楽に触れてほしいと思う。
是非聴いて下さい。
石川翔子(eggman)
 
何があっても今日はまた続いて行く。混沌とした日常が当たり前のように過ぎていく。
それでも僕らは進んで行く。目指す先に何があろうとも毎日が沢山流れて来る。
そんなことは当たり前だと思っている人は、知らないフリをしてるだけだ。
目に見える、見えない世界をカタチ創るのは、自分のココロだということを。
ココロが映し出す風景、それがアナタの世界なのだということを。
そんな情念とも思える感情が、はちきれんばかりの魂が、この作品には込められている。
さあ、聴いて、放つんだ。
キミの、ココロを、ハラすんだ。
保坂壮彦(ALL IS LOVE IS ALL)
 
久しぶりにメロディとともに、
歌詞が、そしてその意味と一緒に、
ココロに入ってくる。
ただ、それが強制という訳ではなく、
問いかけというところに、
後藤くんの優しさが詰まっているじゃないかな
彼を知ってしまっているけど、
出会いが逆でCDを聴いてから彼と話しをすることがあったなら、
CDに詰まった音楽とその人間性がイコールで繋がったと思うだろう。
伊香賀守(Rocket Dash Records/GFBつくばロックフェス)
 
どこまでも深淵に落ちていくやさしさと行き場の無い激しい感情が入り混じり
ナイフを突き立てられたような衝動と共にただただ、鼓膜と心を奮わせてくれる。
現代に必要なヒーローはここに居たと僕は思った。
ゆよゆっぺ・DJ'TEKINA//SOMETHING